• HOME
  • 自分で会社を設立するメリット・デメリット

自分で会社を設立するメリット・デメリット

自分で会社設立をするメリット

自分でやると費用が安くなる?

専門家に依頼しないので、費用が安くなると考える方は多いですが、実は、そんなに安くなるわけではありません。

確かに、他者に頼らず自分の労力だけで会社設立すると費用は節約できるように思いがちですが、総合計の費用を計算してみると、実は、決して安くできるわけではありません

例えば、会社設立の手続きでは、先程も書きましたが、定款認証をし、登記申請をするという大きく分けると2つの作業を行います。

そして、この定款認証には、電子定款認証と通常の紙ベースでする定款認証の2つの方法があります。

今、専門家は、ほぼ電子定款認証の方を選択しています。

通常の紙ベースでする定款認証を行うと、印紙代として4万円の費用がかかります。

これが電子定款認証を行うと、紙ベースの文書には該当しないため、印紙代の4万円がかからないのです。

そのため、専門家は印紙代4万円の節約になるため、電子定款認証を選ぶことになります

では、個人の方が、電子定款認証をするでしょうか。

実は、個人の方でも電子定款認証をする方法はあります。

ただし、そのためには必要な機材やソフトがあり、また事前準備も必要となっていて、これらの機材やソフトの購入に思わぬ費用がかかることがあります。

また、電子定款認証は、公証人と事前に連絡をつけておかないとうまくいかなかったりする場合があり、さらに、システムの使い方が非常に煩雑なのです。

機材やソフトの購入費と比較すると金額がそこまで変わらない場合、電子定款認証を断念して紙ベースの定款認証を選ばれる方が多いです。

ですので、実は自分で会社を設立しようと思うと、専門家がするよりも定款認証にかかる費用は4万円多くなってしまいます。

専門家に依頼した場合は、この4万円からの差額の報酬のみが実際には多くかかってくる費用ですので、自分で設立したとしても、実は思ったほど安くはならず節約もできないのです

自分で会社設立するデメリット

作業が煩雑で面倒で時間がかかってしまう

会社設立を自分で行うデメリットの1つは、やはり作業が煩雑すぎるところにあります。

会社設立では定款を作成しますが、定款は法律に基づき作成する必要があります。

作った定款を公証役場に持っていくと、公証人に間違いを指摘され、再度作り直さなければならないということもあります。

また、登記申請するにあたっては、申請書類を作成しますが、こちらも役所に提出する書類ですので、要式が決まっていますし、書き方も決まっています。

これらの書き方も一つ一つ調べなければいけませんし、間違っていると法務局で指摘され、こちらも再度出直さなければなりません。

このように会社設立の場合、書類を作成するだけでなく、公証役場や法務局に行く必要もあり、またそこで間違いを指摘されると、書類を作り直す必要があって、何かと時間がかかるものなのです。

そのため、
予定していた設立日より遅くなってしまった
ということもよくあります。

安易に決めると後からやり直しがきかない

もう1つのデメリットとしては、安易に決めてしまうと、後でやり直しがきかないところです。

会社設立では、いろいろと決めなければいけないことがあります。

例えば、商号や本店所在地、資本金、目的事項、事業年度や役員の任期などです。

しかし、これらを決める際に気を付けておかなければならないのは、他の法律問題もからんでくるところです。

例えば、商号は商標権との問題があります。

営業許可等が必要な事業の場合、資本金がその要件とされることもあります。

営業許可を取る際には、目的事項に必要な文言が入っている必要があります。

もし、目的事項に必要な文言が入っていなければ、許可を取る際に役所で指摘され変更を求められます。

そして、目的事項の変更には3万円の登録免許税がかかります。

また、事業年度や役員任期は、どのような方針で経営していくかによっての重要な部分ですし、税金の問題や消費税の問題もからんできます。

どれもが安易に変更できるものではなく、また変更にお金がかかるので、こういった部分について全て1人で対処しなくてはなりません。

手に入れた知識があまり役に立たない

新しいことを知りたいという好奇心から、自分で会社設立をされる方もいると思います。

もちろん、自分で会社を設立すれば、今まで経験したことがない手続きなどをしますから、新しい知識が手に入ります。

しかし、これらの知識は会社を設立するために必要な知識であり、今後何かの役に立つかというと、会社設立を何度もやる場合以外あまり役に立ちません。

会社経営に必要な知識でもないため、今後活かせる知識では一切ないでしょう。

専門家や代行会社に頼んだほうが良い3つの理由

圧倒的に早い

専門家に依頼したほうがいい一番の理由は、自分でやるよりも圧倒的に早く、簡単だということです。

専門家は、会社設立のプロですので、安心して任せることができます。

自分が詳しくない煩わしい部分は全部専門家がやってくれますので、難しいことはありません。

設立者は、経営者として、今後の経営のことを考えることに集中できます。

法律的な面からのサポートが受けられる

もちろん、会社は設立して終わりではありません。

会社設立は、その後、会社を経営していくスタート地点です。

会社を設立すると、税金の問題や労務関係の問題、あるいは営業に関する許認可関係など、各役所に届けや申請などの書類を提出する必要があります。

また、必要な書類を提出していないと罰則があることもあります。

会社設立を専門家に依頼すると、その後会社を経営していくにあたって、どういった書類が必要なのか、どこに何を提出しなければいけないのかをきちんとサポートしてくれますし、また代行して提出してくれたりもします。

経営者は、それこそ煩わしい書類のことは一切考えず、経営の問題に取り組んでいればいいので、とてもスムーズに経営していくことができるのです。

コストパフォーマンスが良い

会社設立は煩雑な作業で、またその作業で手に入れた知識は、今後の経営の役には立ちません。

にもかかわらず、非常に時間がかかり面倒な作業です。

自分で会社を設立するとなると、印紙代などをはじめ、費用面においてもあまり得はありません。

専門家に依頼すると煩雑な作業をしなくていい上に、費用も自分でやるよりも抑えられる場合があり、コストパフォーマンスが良いことになります。

会社を設立する際は、ぜひ経営サポートプラスアルファ(KSP)にご相談ください!

弊社には、多くの会社設立をサポートしてきた実績がございます。


総合的な視点から設立時のコンサルティングが可能
です。

会社設立は設立して終わりではなく、会社経営のスタート地点です。

会社経営をしていくなかで、法律の問題というのは常についてまわります。

税金や労務、許認可関係、契約の問題など。

そんなとき長くサポートできる体制を整えているのが経営サポートプラスアルファ(KSP)です。

設立から経営まで、すべてをサポートさせていただきます。

会社設立をお考えなら、ぜひお気軽に経営サポートプラスアルファ(KSP)にご相談ください。