• HOME
  • 神奈川で会社設立する時の手続き、おすすめ起業エリアを業種別に紹介

神奈川で会社設立する時の手続き、おすすめ起業エリアを業種別に紹介

東京都に隣接している神奈川県は、関東地方で経済と観光両方で発展しているエリアです。

県庁所在地である横浜は、関東で東京に次ぐ第二の経済都市であり、流行の最先端をいくおしゃれな港町としても発展しました。

横浜のみなとみらいや中華街などのほか、川崎の臨海工業地帯、茅ケ崎や江ノ島などの湘南エリア、古都の風情が楽しめる鎌倉、米軍基地の街横須賀、温泉街や城下町として知られる小田原・箱根エリアと個性あふれるエリアが集まっています。

東京と同じくビジネス面でも人気の神奈川県で会社を設立したいときの準備や流れ、注意するポイントなどを開設します。

会社設立の事前準備

会社設立のさいには、会社の宣伝に必要なもの、会社の業務に必要なもののふたつを準備しておきます。

具体的にどんなものを会社設立前に準備しておくべきかを解説します。

会社の宣伝に必要なもの

新しく会社を設立したあとは、経営や経理、人事調整などで忙しくなります。

あらかじめ会社設立時にすぐに宣伝できるものを用意しておきましょう。

慌てずに新しくできた自社に存在をアピールできます。

会社の宣伝に必要な事前準備として、企業ロゴ、名刺、ホームページの3つを用意しておきましょう。

企業ロゴは会社の顔となる存在です。

会社のビジョンや事業を反映したものを作りましょう。

名刺は役員・従業員と人数分必要です。

氏名、部署、役職、電話番号、Eメールアドレスなどを記載します。

会社のホームページには、チラシや営業電話などで気になった人や、事業内容に興味がある人がアクセスしてきます。

チラシや営業電話では伝えきれないものを盛り込んでおきましょう。

会社の事業内容やビジョン、資本金、所在地、主な取引先などを記載します。

挨拶状

法人化前に取引のあるお客様や関係者に、新しく会社を設立したことを伝えなければいけません。

そのさいに使われるのが挨拶状です。

挨拶状の文面は同じものでよいですが、最後に手書きで一言添えると、送った人へ特別感を与えられます。

また、法人化は売り上げが上がった場合になることが多いため、自社の経営状態が好調であることも伝えられます。

求人広告

新しく会社を設立すると、やらなければいけないのが人材の確保です。

会社設立後に住むーズに採用活動ができるように、求人広告を作っておきましょう。

求人広告には会社概要、会社の魅力や特徴がわかるキャッチコピー、事業内容、職場の雰囲気や事業が視覚的にわかる写真や画像、社員募集文、問い合わせ先などを記載します。

求人広告は自社の採用ページに掲載するほか、求人媒体などにも転用できます。

あらかじめ求人広告のひな型を作っておくと、募集内容などを変えて求人を出すときにも便利です。

営業資料

自社で扱う商品やサービスを伝え、売り上げを上げて事業を展開します。

商品やサービスをお客様にアピールする営業資料も作成しておきましょう。

商品やサービスの概要、購入や導入のメリット、料金、商品やサービスの画像、グラフや表などを記載します。

営業資料はチラシやパンフレットなどいろいろな媒体があります。

商品やサービスの内容、営業活動内容に応じたものを作りましょう。

経営管理体制の確立

会社を新しく設立しても、不健全な労務や経営環境では先が長くありません。

法令遵守のために、経営体制を会社設立前に確立しておきましょう。

労働基準法などを確認して必要な手続きをする、風通しのよい環境をつくる、などのほか顧問税理士を契約する、経理体制をととのえるなど、税務や財務面での体制作りも重要です。

神奈川県での会社設立の流れ

神奈川県で株式会社または合弁会社を設立するさいに必要なものは以下の8つです。

  • 登記申請書(登録免許税の収入印紙を貼付する台紙を添付する)
  • 登記すべき事項を記録した磁気ディスク(CD-Rなど)
  • 定款
  • 資本金の払い込みを証明する書面
  • 役員の就任承諾書
  • 役員の印鑑証明書
  • 印鑑(改印)届出書
  • 印鑑カード交付申請書

場合によって必要なものが以下の4つです。

  • 発起人(合同会社の場合は代表社員)決定書…定款で本店を番地まで定めた場合や、発起人や社員が資本金の額を決めた場合
  • 調査報告書、財産引継書、資本金の額の計上に関する証明書…現物出資がある場合

これを踏まえて、会社設立の流れを解説します。

基本事項(商号、印鑑、役員報酬、資本金)の決定

商号とは、会社名を指します。

「株式会社」という文言を必ず入れましょう。

登記上で同じ住所でなければ、既存の会社名も使用可能です。

ただし、同業種や地域が近い場合同じ会社名だとトラブルに発展する可能性があるため、避けた方が無難です。

印鑑は会社の代表印です。

いろいろなところで作成できますが、会社設立の手続きを円滑にするためにも早めに手配しておきましょう。

役員報酬は毎月決まった金額を報酬として支払います。

経費にはならないため、報酬額によっては所得税に影響があるため慎重に決めましょう。

また、変更には株主総会を開いて過半数の賛成が必要になるため、基本的に変更はできません。

最後に資本金は会社が業務に使用できるお金です。

多ければ多いほど会社としての財源が確保されている証明になるため、会社の信頼性にも深くかかわりがあります。

できることなら、多めに資本金を設定しておきましょう。

定款決定

定款では以下の基本事項を決めます。

  • 事業目的(将来おこなう可能性のある事業も追加)
    商号
  • 本店所在地
  • 設立時の出資される財産の価額
  • 発起人の氏名と住所
  • 発行可能株式総数など

資本金の払い込み

会社設立前の資本金を会社の口座に払い込みをします。

会社を設立したら、まず法人口座を開設しましょう。

資本金を会社の口座に移します。

払い込みが完了したら、資本金の払い込みを証明する書面を作成します。

登記書類の作成

登記書類は、会社形態によって必要なものを以下から作成します。

  • 発起人決議書
    発起人会議事録
  • 代表取締役選定書
  • 取締役就任承諾書
  • 監査役就任承諾書
  • 印鑑届出書

登記申請

資本金の払い込みが済んでから2週間以内に、登記申請が必要です。

作成した書類を管轄の法務局に提出して申請します。

登記後の税務署、自治体への手続き

登記後、各種行政に必要な手続きをおこないます。

税務署には法人設立届、給与支払事務所等の開設届出書、青色申告の承認申請書、源泉徴収の納期の特例の承認に関する申請書、必要に応じて減価償却資産の償却方法、棚卸資産の評価方法の届出書を税務署に提出します。

法人設立届は代表者氏名、住所のほか事業目的や事業開始年月日など会社の概要を記載した書類です。

定款の写し等、設立時貸借対照表、株主名簿の3つの書類を添付します。

給与支払事務所等の開設届出書は、法人として従業員等に給与を支払うために提出します。

青色申告の承認申請書は法人として青色申告で法人税を納めるために提出します。

税務署に提出したものと同じ法人設立届出書は、都道府県税務署と市町村役所にも提出が必要です。

神奈川県ならではのオススメ会社設立エリア

神奈川県のどこに会社を設立すべきか迷っている人のために、オススメの会社設立エリアを紹介します。

起業にオススメなのは横浜

横浜は神奈川県の経済の中心です。

多くのオフィスが集まっているので会社設立にも向いています。

東横線などを利用すれば都内へもアクセスしやすく、取引先との商談などにも便利です。

製造や工業系との取引が多いならなら川崎

川崎は臨海工業地帯があり、製造業が多い都市です。

製造業や工場との取引が多い、製造業のお客様を取り入れたいなら、川崎での会社設立がよいでしょう。

東京都と隣接しているため、蒲田や品川、新橋、東京方面にすぐにアクセスできるのも魅力です。

福利厚生や環境重視でほかのエリアも

古都鎌倉やビーチのある湘南エリア、温泉街や城下町である小田原箱根エリアは、会社のすぐ近くに観光名所が多くあるのがメリットです。

従業員の福利厚生やワーケーション目的なら選択肢に入れられます。

神奈川で会社設立したいなら

神奈川での会社設立は、経営サポートプラスアルファにご相談ください。

経営・財務コンサルティングのプロ集団の当社が、会社の設立時、事業拡大や利益拡大と幅黒くサポートします。

生産性の上がる会議導入支援など、業務効率のためのサービスも提供しています。

資金調達や経理代行など、財務や税務面でも万全のサポートをお約束します。

お電話やメールでの初回相談は無料、土日や夜間にも相談は受けつけておりますので、ぜひお気軽にお問合せください。