• HOME
  • 起業するなら何をするか?おすすめのビジネスと失敗しない4つのコツを紹介

起業するなら何をするか?おすすめのビジネスと失敗しない4つのコツを紹介

「起業するなら何がいい?」「起業したいけど初めてで不安」などと起業することを漠然と考えてしまっている方も少なくありません。

起業は人生の中の大きな一歩ですから、不安になるのも当然でしょう。

本記事では、起業する際の失敗しない4つのコツや、起業に成功した事例などをご紹介します。

また、何となく起業したいとだけ考えている方は参考にしてください。

現代を生き抜く!起業を失敗させない4つのコツ

現代は、自由な働き方をする方が非常に増えてきています。

そこで「自分も何か起業したい」と思い立って行動する方も少なくないでしょう。

ビジネスを始めるためには、ローリスク&ハイリターンを意識すると成功する確率が高くなります。

それを踏まえた上で、起業を失敗させない4つのコツをご紹介しましょう。

在庫を抱えない

商品を売買する事業を始める方は、在庫を抱えすぎないように在庫管理を徹底しましょう。

在庫とは、仕入れたまま売れていない商品のことです。

確かに在庫が少なすぎてしまうと、品切れとなってしまい販売チャンスを逃してしまうことになります。

しかし、販売チャンスを逃すまいと大量の在庫を抱えていると、それだけで赤字になってしまうため注意が必要です。

そして、ビジネスに関してあまり自信のない方は、商品を売買して在庫を抱えてなければならないような事業は控えると良いでしょう。

利益率が高いものを選ぶ

冒頭でもお話しした通り、ビジネスにとって利益率は非常に重要です。

なぜならば、利益として上がった金額が、直接自分の給料になったり次のビジネスに繋げる資金になったりするからです。

そのため、ビジネスを始める時には、原価や仕入れ値といった「もともといくらかかっているのか」を考えて売値を決めていかなければなりません。

原価が高すぎると、それだけ売値を高くしなければ利益率は低いです。

しかし、売値が高すぎると販売チャンスも少なくなります。

このように、ビジネスをするにあたって、自分の事業の利益率についてあらかじめしっかり考えておくことが大切です。

初期費用が少ないものを選ぶ

初めてのビジネスは、初期費用や資本金が少ないものを選びましょう。

初めから、事務所を借りたり店舗を建てたりと初期費用を投資してしまうと、もしも事業が失敗してしまった時のダメージが大きく立ち直れない方もいるかもしれません。

ビジネスを初めてすぐに利益が得られることは少ないです。

数ヶ月、または数年間なかなか軌道に乗らず苦しい思いをする方もいます。

そして立ち上げた事業は経営できずに潰れてしまうことなどは珍しくありません。

そうした「もしも失敗してしまった時のダメージ」を考えておくことが大切です。

初期費用や資本金が少ないビジネスならば、もしも事業が失敗してしまっても損失は少なくて済みます。

そのため、ビジネスを始める時には、初期費用や資本金が少ないものを選ぶと良いでしょう。

流行り物には乗らない

ビジネスを始める時には、流行り物には乗らないことをおすすめします。

流行り物とは、一時的にブームになっているもののことです。

流行は時代の流れで過ぎ去ってしまうものですので、流行り物に乗っかって事業を始めてしまうとブームが去った時に自分のビジネスも衰退してしまうおそれがあります。

すでに事業を始めていて安定的に収入を得られるようになっている状態から、事業展開をするにあたって流行り物に乗るのはまた別の話です。

こうした理由から、初めてのビジネスで流行り物に乗るのはおすすめできません。

最近起業に成功している例

ここで、最近起業に成功している例をご紹介します。

なぜそのビジネスが成功したのかを詳しく解説していきますので参考にしてください。

資本金が少なくて済むネットビジネスでの起業

コストがかからないため、大学の学部生でも起業可能

近年では、実店舗を持たずにインターネット上のサイトのみでビジネスを展開する方も多くいらっしゃいます。

実際に店舗を建てる膨大な費用や、運営費などはかからず、サイトを立ち上げるだけで自分のビジネスを始められるため若い方に人気です。

勝手に24時間営業できる

また、実店舗では営業時間を決めてビジネスを行いますが、ネットビジネスなら24時間いつでもお客がそのサイトを見て商品を購入することができます。

利益率が高いコンサルティング会社での起業

初期費用がかからない

コンサルタントやセミナー講師のビジネスでは、セミナーを行う会場費などはかかりますが、それ以外の費用はかかりません。

在庫を持たなくて済む

商売道具は自分の「知識」や「経験」ですので、在庫を抱える心配がありません。

在庫がないということは、原価なども発生せずに利益率の高いビジネスとなります。

利益率が高いと言われる人材紹介会社

成果で儲けが出やすい

求職者と求人者を引き合わせる事業である人材紹介会社のビジネスは、実店舗がなくてもインターネットサイトがあれば起業できます。

このため、初期費用を抑えながら、求職者と求人者のマッチングを行うことができます。

また、成果報酬をビジネスモデルとする会社が多く、人材を一人紹介するごとに多額なお金が儲けとなります。

市場が潤っている

昨今の日本は様々な問題を抱えています。

少子高齢化や働き方改革はその一例です。

そういった背景を受け、女性や高齢者なども働くようになってきました。

このように、以前は労働をあまり考えていなかった層が労働するようになり、市場が潤ってきているため、女性特化型の人材紹介サービスなどは大成しやすくなってきています。

夫婦でやる例も多い自宅サロン開業

テナントなどの場所が不要

自分の料理教室を持ったり、サロンを開いたりするには教室にする場所が必要になります。

しかし、自宅を少し改造して広いスペースを作ればテナントを借りずともサロンを開業することができます。

人件費もかからない

また、夫婦で運営すると他の従業員を雇わずとも始められるため、夫婦経営する方々も増えてきています。

起業するために必要なこと

起業するためには、お金をはじめ、準備するものがたくさんあります。

また、考えておくべきリスクや、壁を乗り越える精神的なタフさやビジネスセンスが求められます。

資本金の準備

まず、起業するにあたって「資本金」が必要です。

資本金とは、事業をスムーズに進めるために準備しておくお金のことを言います。

2006年の会社法改正で、会社形態は関係なく「1円以上」の資本金があれば起業できるとされました。

確かに資本金1円で起業できますが、あまりにも資本金が少ないと会社としての信頼性が損なわれてしまうかもしれません。

起業したい方は、ある程度の資本金を準備しておくと、起業した先々で安心して事業を進めることができるはずです。

精神的にがんばるタフさ

精神的に頑張らなければならない場面に必ず出くわします。

起業した事業が成功することだけを頭でイメージするのも悪いことではありません。

しかし事業が失敗しそうになり、精神的に追い詰められてしまう方も多いです。

自分で起業をするということは、自分で考え行動に移さなければならないため精神的に踏ん張って事業を推し進めていかなければならないことを念頭に置いておきましょう。

会社設立に関する知識

起業するためのさまざまな知識も必要です。

知識がないまま行動してしまうと、事業失敗の原因になりかねません。

起業したいと考えている方は、自分でしっかりと会社設立に関する知識を身につけましょう

簡単に起業するやり方

起業のやり方は、実に複雑です。

法務局に足を運んだり、手続き書類を全て準備したり、自分ひとりでやるにはなかなか負担が大きいでしょう。

個人事業主の場合

個人事業主として起業する方は、「開業届」を提出するだけで起業したことになります。

開業届は国税庁のWebサイトからダウンロードするか、直接税務署に行って書くかのどちらかです。

個人事業主は、これだけで「個人事業主」として名乗ることができます。

ただし、個人事業主になった後は、領収証を取って置くことや交通費の記録、確定申告を毎年自分で行うなどの多くの事務作業があるので注意しましょう。

法人の場合

法人として会社設立する場合には、個人事業主よりも圧倒的に手続きが面倒になります。

ます、「定款(ていかん)」を決めなければなりません。

定款とは、会社の事業目的や商号、所在地などを記載するものです。

そのほかにも、会社の印鑑を購入、資本金の払い込み、社会保険加入の手続き、税務署への申請など多くの手続きが必要となります。

しかし、これらのステップを踏んで会社を設立すると、社会的に信用を得やすく事業を進めていくにあたりメリットも生まれます。

事業を拡大していくことを初めから計画している方は、個人事業主ではなく法人として起業することがおすすめです。

起業するなら経営サポートプラスアルファに相談

今回は、起業して失敗しないためのコツや、起業した成功例などについてご紹介してきました。

起業を失敗させない4つのコツは、

  • 在庫を抱えない
  • 利益率が高いものを選ぶ
  • 初期費用が少ないものを選ぶ
  • 流行り物には乗らない

です。

起業するためには、

  • 資本金や会社設立の知識
  • 精神的なタフさが必要

上記のポイントを意識しながら起業に挑戦してみましょう。

また、初めて起業する方は誰しも分からないことだらけです。

自分で会社を設立することに不安を感じているのであれば、専門家に依頼するのが得策でしょう。

「経営サポートプラスアルファ」では、個人事業主でも会社設立でも、起業したいと考えている方のサポートを行っています。

会社設立を代行しますし、起業後のビジョンについて、丁寧なコンサルティングを行います。

設立手数料やコンサル料は無料で、24時間いつでもご相談を受け付けていますので、どうぞお気軽にご連絡ください。